Currently browsing tag

上杉謙信

Uesugi_Kenshin

概要

時 代
戦国時代〜安土桃山時代
生 誕
享禄3年1月21日(1530年2月18日)
死 没
天正6年3月13日(1578年4月19日)
改 名
虎千代(幼名)〜長尾景虎〜上杉政虎〜輝虎〜不識庵謙信
戒 名
不識院殿真光謙信
墓 所
上杉家廟所、春日山林泉寺、高野山ほか
官 位
弾正少弼
幕 府
室町幕府 越後守護代〜関東管領
主  君
上杉定実〜憲政〜足利義輝〜義昭
氏 族
府中長尾氏〜山内上杉家
父 母
父:長尾為景、母:虎御前
兄  弟
長尾晴景、長尾景康、長尾景房、仙桃院
養子:畠山義春、山浦景国、上杉景虎、景勝

戦国時代の武将・戦国大名。1530年、越後守護代・長尾為景の四男として春日山城に生まれる。当時長尾政景の謀反や御館の乱など、越後国内の乱れが激しかったために為景は隠居し、兄・晴景が家督を継いだ。しかし、晴景に越後国をまとめる才覚はなく、越後の国人衆に擁立される形で19歳で家督を相続し、22歳の若さで越後統一を成し遂げたとされる。毘沙門天の熱心な信仰家で、本陣の旗印にも「毘」の文字を使った。1552年、当時の関東管領・上杉憲政は北条氏康に攻められ、逃亡すると、これを越後に迎え、北条家と敵対関係となった。同年、武田信玄の信濃侵攻によって、領国を追われた信濃守護・小笠原長時が救いを求め、さらに葛尾城主の村上義清が信玄との抗争に敗れて越後国へ逃亡した。ここに至り景虎は信玄討伐を決意し、自ら軍を率いて信濃国に出陣、第一次川中島の戦いが起こる。
1553年、初めての上洛を果たし、後奈良天皇および室町幕府第13代将軍・足利義輝に拝謁する。1556年3月、景虎は家臣の北条高広の反乱や、第二次川中島の戦い、国衆の紛争の調停で心身ともに疲れ果て、突如出家・隠居することを宣言し、同年6月には天室光育に遺書を託し、高野山向かう。しかし信玄と内通した家臣・大熊朝秀に反乱が起こり、天室光育、長尾政景らの説得で出家を断念して越後国へ帰国、駒帰の戦いで朝秀を打ち破る。1557年2月、信玄は盟約を反故にして信濃豪族・高梨政頼の居城・飯山城を攻撃した。盟約違反に激怒した景虎は再び川中島に出陣するが決定的な戦いは行われなかった(第三次川中島の戦い)。1560年の桶狭間の戦いにより甲相駿三国同盟の一つ今川家が崩れた機会に乗じ、北条氏康を討伐するため越後国から関東へ向けて出陣、長野業正らの支援を受けながら小川城・名胡桃城・明間城・沼田城・岩下城・白井城・那波城・厩橋城など北条方の城を次々に攻略。厩橋城を関東における拠点とし、北条討伐の号令を下した。関東諸将は、次々に景虎のもとへ結集、兵の数は日増しに膨れ上がった。景虎は関東管領・上杉憲政を擁して、佐竹義昭、宇都宮広綱、小山秀綱、里見義弘、成田長泰、那須資胤、小田氏治、太田資正、三田綱秀ら旧上杉家家臣団を中心とする10万余の大軍で、小田原城をはじめとする北条側諸城を包囲、攻撃を開始した(小田原城の戦い)。小田原城の蓮池門へ突入するなど攻勢をかけ、氏康を窮地に追い込んだが、氏康と同盟を結ぶ武田信玄が、川中島に海津城を完成させるなど軍事行動を起こす気配を見せたため兵を引いた。この頃に景虎は、上杉憲政の要請で鶴岡八幡宮において1561年、山内上杉家の家督と関東管領職を相続、名を上杉政虎と改めた。武田勢の北信への侵攻により、政虎は1万8,000の兵を率いて川中島へ出陣する(第四次川中島の戦い)。妻女山に布陣した上杉軍は武田軍と大決戦に及び、武田信繁、山本勘助、両角虎定、三枝守直、初鹿野源五郎ら多くの敵将を討ち取り武田軍に大打撃を与えた。同年、将軍義輝の一字を賜り、輝虎と改めた。
関東での戦線は上杉家が優勢であったが、協力関係にあった箕輪城主・長野業正が病死したため、北条、武田が反撃に転じ劣勢を強いられるようになる。関東の諸将は、輝虎が関東へ出兵してくれば上杉方に恭順し、輝虎が越後国へ引き上げれば北条方へ寝返ることを繰り返した。1566年、安房国の里見氏の救援のために臼井城を攻めるが、陥落寸前まで追い詰めたものの撤退を余儀なくされ、これを機に関東の豪族らが次々と北条氏に降る。また、北信濃をめぐる武田家との抗争も収束し、越中国へ出兵することが多くなる。1568年、北条氏康は桶狭間の戦いで今川義元を失い弱体化した駿河国へ、甲相駿三国同盟を破って侵攻した信玄と断交、激しく敵対するようになる。宿敵であった氏康と同盟する(越相同盟)。しかし1571年に氏康が死去すると、後を継いだ北条氏政は上杉との同盟を破棄、武田信玄と再び和睦したため、再び北条氏と敵対する。この頃「不識庵謙信」と名乗るようになり、信玄と交戦状態に入った織田信長から、同盟の申し出を受け織田家と同盟を締結した。しかし足利義昭が反信長勢力を糾合し、信長包囲網が築き上げられ、包囲網に参加した本願寺顕如と和睦したため信長との同盟は破綻した。1576年、足利義昭の要請を受け、上洛を目指す謙信は京へ進める際の兵站線を確保するために七尾城を攻略。七尾城主畠山氏の家臣、長続連は織田信長に援軍を要請、これを受け織田家は柴田勝家を総大将とする、羽柴秀吉、丹羽長秀、滝川一益、前田利家、佐々成政ら3万余の大軍を派遣した。織田軍が手取川を越えたことを知ると、謙信は数万の大軍を率いて一気に南下した。この時すでに七尾城が陥落しており、形勢不利となった勝家は撤退を開始したが、手取川の渡河に手こずる織田軍を追撃して打ち破った。1577年、謙信は春日山に帰還し、次なる遠征に向けての準備中に厠で倒れ、3月13日に急死した。享年49。

遺骸には鎧を着せ太刀を帯びさせて甕の中へ納め漆で密封した。上杉景勝が越後から会津に移動の際も春日山城不識庵より謙信の霊柩を移動させ、米沢への国代えの時も厳重に守られ運ばれた。

近年の研究では遺品の甲冑の大きさなどから約156cmであったことがわかっている。
生涯(妻帯禁制)を貫いたため、その子供は全員養子であった。
非常に義理堅く、北条氏康は「信玄と信長は表裏常なく、頼むに足りぬ人物だ。謙信だけは請け合ったら骨になっても義理を通す人物」と評している。
野戦において戦国武将の中でも屈指の指揮統率力を持つ戦術家とされており、その軍事能力は、「越後の龍」や「軍神」などと後世で評され、迅速な用兵と駆け引きの的確さから殆どの戦で引き分け以上の結果を残した。

川中島

川中島合戦戦国絵巻

場所: 山梨 開催日: 2017年4月16日(日)
鉄砲演武 合戦再現 一般募集 要参加費

戦国時代の合戦を再現した「川中島合戦戦国絵巻」を開催します。参加型の体験イベントとなっており、参加者が鎧を着用し忠実に基づいてシナリオに沿って、武田軍、上杉軍に分かれ合戦絵巻を繰り広げます。 【2017年の様子】 昨日と …

yonezawauesugi

米沢上杉まつり

場所: 山形 開催日: 2017年4月29日(土)~5月3日(水)
武者行列 鉄砲演武 合戦再現 一般募集 自前甲冑可 要参加費

上杉まつりは藩祖上杉謙信公を祭神とする上杉神社と、米沢藩初代藩主上杉景勝公と9代藩主上杉治憲(鷹山公)を合祀する松岬神社の春の例大祭に合わせて、全市民を挙げて行う米沢に春を告げるおまつりです。上杉行列と川中島合戦がフィナ …

柿崎時代祭

柿崎時代夏まつり

場所: 新潟 開催日: 2017年8月5日(土)
武者行列 鉄砲演武 合戦再現

上杉謙信公の四天王の一人、柿崎景家公を称え開催される夏まつり。菩提寺であるりょう楞ごんじ厳寺への武者隊による参拝、勇壮な山車・みこしのパレード、よさこいチーム競演など多種にわたりイベント盛りだくさん。手づくり屋台も立ち並 …

上杉謙信

謙信公祭

場所: 新潟 開催日: 2017年8月25日(金)〜27日(日)
武者行列 鉄砲演武 合戦再現 一般募集 自前甲冑可 事前練習会 要参加費

戦国の名将・上杉謙信公の武勇と遺徳を偲び、大正15年(1926年)から開催されている祭りす。2007年のNHK大河ドラマ風林火山放送に伴い、上杉謙信役であったGACKTが祭の謙信公役として参加して以来。戦国ファンを中心に …

箕輪城まつり

箕輪城まつり

場所: 群馬 開催日: 2017年10月29日(日)
武者行列 鉄砲演武 合戦再現 一般募集 自前甲冑可

戦国時代中期に長野業尚によって築かれ、長野業正が幾度となく武田信玄の侵攻を退け、その後も上野経営の拠点として各大名の有力家臣が城代を務めるなど、多くの歴史の舞台となった箕輪城で行われるお祭りで、武者行列や鉄砲演舞、迫力あ …

北国街道時代祭

北国街道あらい時代まつり

場所: 開催日: 2016年11月3日(祝)
武者行列

武田軍進入の報を聞いた上杉軍が、北国街道を通って戦に向かう様子を再現した祭で、彩り鮮やかな衣装や甲冑を身につけた総勢100人以上の武者大行列が町内を練り歩きます。