Currently browsing tag

真田信尹

概要

時 代
戦国時代~江戸時代前期
生 誕
天文16年(1547年?)
死 没
寛永9年5月4日(1632年6月21日)
改 名
源次郎(幼名)、信尹
別 名
市右衛門尉、加津野信昌
墓 所
龍眼寺
官 位
隠岐守
幕 府
江戸幕府
主 君
武田信玄〜勝頼〜北条氏直〜徳川家康〜蒲生氏郷〜家康〜秀忠〜家光
氏 族
真田氏
父 母
父:真田幸隆、母:河原隆正の妹・恭雲院、養父:加津野昌世
正室:馬場信春の娘
幸政、信勝

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。真田信之の松代藩・真田家とは別に旗本真田家の祖となる。真田幸隆(幸隆幸綱)の四男として誕生し、昌幸と同じく幼年期から甲府で人質として過ごした。武田信玄の命により甲斐の旧族である加津野昌世の養子となり、名門・加津野氏の名跡を継いで、加津野市右衛門尉信昌と称した。1571年、武田信玄が北条綱成の守る駿河深沢城を陥落させたが、これは信伊の功績によるところが大きかったと伝えられ、武田家の家臣団の一翼を構成していた。1582年、織田家の甲州征伐により武田家滅亡すると真田姓に復姓し、「信尹」と改名する。その後、北条氏に属した後、1584年から徳川家康に仕えた。昌幸が徳川家に鞍替えする際には間を取り持っている。徳川家では5000石を与えられるが、後に1万石に加増されるが「それだけの働きをしていない」として浪人したとされる。その後、池田輝政を介して会津の蒲生氏郷に5000石で仕えるが、氏郷が死去して蒲生騒動が起こったため、再び徳川家康に4000石を与えられて帰参した。関ヶ原の戦い、大坂の陣で御使番・軍使として功績を挙げ、加増されて5200石になり、幕臣として徳川家に仕えた。1632年に病死。享年86。大坂の陣では、家康が信尹を介して真田幸村(信繁)を「信濃国10万石を知行する」誘ったが一蹴されたという逸話がある。また首実検の際、幸村(信繁)の首の確認を行ったのは信尹であるとする話が伝わっている。

六文銭

上田真田まつり

場所: 長野 開催日: 2017年4月29日(土)
武者行列 鉄砲演武 合戦再現 一般募集 自前甲冑可 事前練習会

真田氏の居城・上田城を舞台に繰り広げられる歴史絵巻。信州真田鉄砲隊の豪快な演武、市内太鼓団体の勇壮な演奏、真田武者による壮大な行列、真田軍 VS 徳川軍による決戦劇。戦国時代を駆け抜けた真田一族の活躍を再現します。 【2 …

真田十万石まつり

真田十万石まつり

場所: 長野 開催日: 2017年10月7日(土)〜8日(日)
武者行列 鉄砲演武 一般募集 自前甲冑可 要参加費

武田信玄の家臣、山本勘助が築城したと言われ、真田家十代の250余年の歴史の舞台となった松代城から出発する「松代藩真田十万石行列」が行われ、武者や姫様に扮した総勢250人もの参加者が町内を練り歩きます。今年は松代藩初代藩主 …

忍城時代祭

忍城時代まつり

場所: 埼玉 開催日: 2016年11月13日(日)
武者行列 鉄砲演武 一般募集 自前甲冑可

2016年度の様子 【報告】11/13(日)埼玉県行田市の「忍城時代まつり」武者行列に局長・大塚輿左衛門が参加しました。甲冑仲間とたいへん盛り上がったとコメントをもらっております。ご一緒した皆様、ありがとうございました。 …