Currently browsing tag

織田信長

Tokugawa_Ieyasu

概要

時 代
戦国時代(室町時代後期)〜安土桃山時代
生 誕
天文3年5月12日(1534年6月23日)、5月28日など諸説あり。
死 没
天正10年6月2日(1582年6月21日)
改 名
吉法師(幼名)、信長
別  名
上総介、右大将、右府、第六天魔王、大うつけ
戒 名
総見院殿贈大相国一品泰巌大居士、天徳院殿龍厳雲公大居士、天徳院殿一品前右相府泰岩浄安大禅定門
墓 所
本能寺、大徳寺総見院、妙心寺玉鳳院、阿弥陀寺
官 位
権大納言、右近衛大将、右大臣、太政大臣、
主  君
織田信友〜斯波義銀〜足利義昭
氏 族
織田氏/dd>

父 母
父:織田信秀、母:土田御前
正室:濃姫、側室:生駒吉乃、お鍋の方、原田直子、養観院など
織田信忠、信雄、信孝、羽柴秀勝、津田勝長、徳姫(松平信康妻)、冬姫(蒲生氏郷妻)、秀子(筒井定次妻)など

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。1534年5月12日、尾張国(愛知県)の戦国大名・織田信秀の嫡男として誕生。幼少から奇妙な行動が多く、周囲から尾張の大うつけと称されていた。1546年に元服し、上総介信長と称する。1548年、父・信秀と敵対していた美濃国の戦国大名・斎藤道三との和睦が成立すると道三の娘・濃姫と信長の間で政略結婚が交わされた。1551年、信秀が没したため、家督を継ぐが、信長の教育係であった平手政秀が自害。これは諌死であったとも、息子・五郎右衛門と信長の確執のためともされる。信長は深く嘆き悲しんだという。当時、尾張は度重なる今川氏の侵攻により守護である斯波氏の力が衰え、尾張下四郡を支配した守護代であった「織田大和守家」の当主で清洲城主の織田信友が実権を掌握していた。1554年、信友は傀儡としていたを守護・斯波義統を殺害。その息子である斯波義銀が信長を頼って落ち延びて来たため、信長は叔父の守山城主・織田信光と協力し、信友を主君を殺した謀反人として殺害する。尾張国統一を果たした翌年の1560年5月、今川義元が尾張国へ2万人とも4万人とも号する大軍で侵攻してくるが、これを桶狭間で打ち破る。斎藤道三亡き後、斎藤義龍が急死し、嫡男・斎藤龍興が後を継ぐと、竹中重治、西美濃三人衆(稲葉良通・氏家直元・安藤守就)などを味方につけ美濃を攻略、岐阜と改称した。この頃、畿内で権勢を誇っていた三好三人衆と松永久秀が、幕府権力の復活を目指していた将軍・足利義輝を暗殺し、第14代将軍足利義栄を擁立し傀儡としていた。義輝の弟で僧籍にあった一乗院覚慶(足利義昭)は、六角義賢や和田惟政とともに全国の諸大名に三好氏を討伐して義昭を次の将軍に擁立するように協力するように働きかけた。これに応じる形で義昭を奉じて上洛し、畿内の勢力を一掃した。1570年、信長は度重なる上洛命令を無視する朝倉義景を討伐するため、徳川家康の軍勢とともに越前国を攻略していくが、金ヶ崎で同盟状態であった浅井氏離反の報告を受け、挟撃される危機に陥ったが、信長は真っ先に撤退し、僅か10名の共と一緒に京に到着した。その後わずか2ヶ月で浅井氏を討つべく軍を整え、近江国姉川河原で徳川軍とともに浅井・朝倉連合軍を打ち破る。1571年に朝倉・浅井に味方した延暦寺を攻め、何度か退避・中立勧告を出したが、抵抗し続けた比叡山延暦寺を焼き討ちにした。この頃、将軍足利義昭の関係は決定的に悪化しており、浅井氏・朝倉氏・三好氏・石山本願寺・延暦寺・六角氏・甲斐の武田信玄らに御内書を下していた。武田信玄はこれに応え、三方ヶ原の戦いで織田・徳川連合軍を敗走させ、西上作戦を開始したが、道中武田信玄が病死したため武田軍は甲斐国へ帰国した。武田氏の西上作戦停止によって信長は態勢を立て直し、足利義昭を追放した。これによって信長包囲網を打破する事ができ、甲斐の武田氏に対しても反攻を強めていった。1575年4月、武田氏より離反し徳川氏の家臣となった奥平貞昌を討つため、武田勝頼は1万5,000人の軍勢を率いて貞昌の居城・長篠城に攻め寄せた。これに対し信長は3万人の大軍を率いて出陣し、5三河国で徳川軍8,000人と合流する。設楽原に陣を敷いた織田・徳川連合軍は、1,000丁余りの火縄銃で効率的に射撃を行い、戦国一とされた武田騎馬軍団に圧勝した。同年、信長は権大納言に任じら、また征夷大将軍に匹敵する官職で武家では武門の棟梁のみに許される右近衛大将を兼任すると、嫡男・信忠に織田家の家督ならびに美濃・尾張などの織田家の領国を譲った。1576年に信長自身の指揮のもと琵琶湖岸に、五層七重の豪華絢爛な安土城の築城する。この頃になると同時多方面に勢力を伸ばせるだけの兵力と財力が織田家には備わっており、部下の武将に大名級の所領を与え、自由度の高い統治をさせ、周辺の攻略に当たらせた。山陰・山陽方面担当の羽柴秀吉軍団からの救援要請を受け、中国遠征の出兵準備のために上洛し、本能寺に逗留していたところ、秀吉への援軍を命じていたはずの明智軍からの襲撃を受け、燃え盛る炎の中で、自害して果てた。享年49。

magoichi_eye_catch

孫市まつり

場所: 和歌山 開催日: 2017年3月26日(日)
武者行列 鉄砲演武 一般募集 自前甲冑可

    2017年3月26日(日)開催!「雑賀衆を味方にすれば必ず勝ち、敵にまわせば必ず敗れる!」と言われた。戦国最強の鉄砲傭兵集団 「雑賀衆」、その雑賀衆を率いた「雑賀孫市」は天下統一を目指す織田信長を散々に苦しめた伝 …

織田家家紋

小幡さくら祭り

場所: 群馬 開催日: 2017年4月2日(日)
武者行列 鉄砲演武 一般募集 自前甲冑可

小幡さくら祭りは織田信長の次男、織田信雄から8代152年にわたって織田家に統治されたことに由来するお祭りです。織田宗家ゆかりの場所として栄えたこの地で甲冑さえ持っていれば誰でも参加可能な「武者行列」や「火縄銃演舞」などが …

斉藤道三

道三まつり

場所: 岐阜 開催日: 2017年4月1日(土)〜2日(日)
武者行列

道三まつりは、戦国の風雲児で岐阜のまちづくりに貢献した斎藤道三公をたたえるまつりです。毎年4月の第一土曜日と翌日曜日に行われ、市内中心部で”みこしパレード”や”音楽隊パレード””若宮町歩行者天国”など、各種イベントが実施 …

川中島

川中島合戦戦国絵巻

場所: 山梨 開催日: 2017年4月16日(日)
鉄砲演武 合戦再現 一般募集 要参加費

戦国時代の合戦を再現した「川中島合戦戦国絵巻」を開催します。参加型の体験イベントとなっており、参加者が鎧を着用し忠実に基づいてシナリオに沿って、武田軍、上杉軍に分かれ合戦絵巻を繰り広げます。 【2017年の様子】 昨日と …

子供武者行列

子供武者騎馬行列【春の駒形まつり】

場所: 岩手 開催日: 2017年5月3日(祝)
武者行列 一般募集 自前甲冑可 事前練習会 要参加費

5月3日に開催される子供騎馬武者行列は、前九年の役、後三年の役を終結した源頼義・義家父子の武勇の故事にあやかり子供たちが鎧兜に身を包み勇ましい姿の騎馬武者などに扮して市街地を練り歩きます。

Battle_of_Nagashino

長篠合戦のぼりまつり

場所: 静岡 開催日: 2017年5月5日(祝)
武者行列 鉄砲演武 一般募集 事前説明会 要参加費

長篠の戦いで倒れた両軍将士の霊を慰めるために、関係将士の紋入りのぼり数千本を献植して行うまつりです。毎年5月5日に開催されます。鎧・兜に身を固めた鉄砲隊による火縄銃の演武、勇壮な長篠陣太鼓が盛大に行われます。 【2017 …

桶狭間の戦い

桶狭間古戦場まつり

場所: 愛知 開催日: 2017年6月4(日)
武者行列 鉄砲演武 合戦再現 一般募集 事前練習会

桶狭間の戦いで亡くなった戦死者の供養祭で、桶狭間古戦場伝説地一帯で様々な催しが二日間にかけて開催されます。戦人塚供養祭、武者行列、桶狭間の合戦再現から火縄銃発砲と盛りだくさんです。

安土城

あづち信長まつり

場所: 滋賀 開催日: 2017年6月4日(日)
武者行列 鉄砲演武

織田信長公が本能寺の変で落命した命日6月2日にちなみ、毎年6月の第一日曜日に行われる。見所は安土城下を総勢500人以上で巡る武者行列。地元の人たちが信長公をはじめとした武将、姫君、天正少年使節や宣教師などの衣装を身にまと …