Currently browsing tag

伊達実元

戦国時代から安土桃山時代の武将。陸奥国信夫郡大森城主。1527年、伊達稙宗の子として生まれる。縁戚である越後守護・上杉定実の養子に入ることになり定実から一字を拝領して実元と名乗っていたが、越後に向かう実元に家中の精鋭100騎を随行させようとしていることを知った実元の兄・晴宗がこれに反発し、かねてから稙宗に不満を抱いていた中野宗時・桑折景長ら重臣の支持を受けて稙宗を西山城に幽閉する。しかし稙宗は西山城からの脱出に成功し、晴宗に対して兵を向け南奥羽全域を巻き込んだ天文の乱が勃発した。実元は稙宗方に属していたが、乱が晴宗方の勝利に終わると実元は晴宗に降伏し赦免された。乱後に晴宗が米沢城へと居城を移すと、晴宗の二女を娶って大森城主となった。1583年、嫡男・成実に家督を譲って隠居し棲安斎と号したが、隠居後も引き続き一門の長老として外交・調略に従事し、成実と共に政宗を助けた。1587年八丁目城にて死去。享年61。

伊達政宗

仙台・青葉まつり

場所: 宮城 開催日: 2017年5月20日(土)〜21日(日)
武者行列 鉄砲演武 一般募集 自前甲冑可

江戸時代に行われていた仙台藩最大の祭り「仙台祭」を起源とし、伊達政宗没後350年を契機に復活した祭り。本祭りの見どころである時代絵巻巡業は、青葉神社神輿渡御(みこしとぎょ)を先頭に、武者行列、すずめ踊り、豪華絢爛な山鉾が …